忍者ブログ

コトノハの調べ

ここはPBW、学園伝綺RPG【SilverRain(シルバーレイン)】世界に居る桜月・雛乃のブログサイトです。 主に活用される【綴り語り】は 、雛乃が出逢った人 場所がそのまま反映されます。 特にその事に関しての告知をしませんが、もし、その内容に不快を感じるならすぐ削除させて頂きます。 ですが出来るなら、どうか寛大なご理解と共にお許し頂けるととても嬉しく思います。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【第四十三夜】 《依頼》たった一つの願い


<オープニング>

山波信輝がその女性と出会ったのは、人通りも途絶えた夜の交差点だった。
女はしゃがんで、電柱の下に花束を供え、じっと眺めていた。
偶然などではなかった。
なぜなら、信輝も手には花束を持っており、
その女性がしゃがみ込む所に花を供えようとしていたからだ。
「……もしかして、矢代優美さんですか」
信輝を見上げるその女性は、怪訝な表情を浮かべるが、静かに頷いた。
やはりそうだったのかと、信輝が納得する。
この場所で数日前、事故が発生した。
不幸なことに自動車が歩道に跳び込み、
カップルのうちの男性が死亡したのがこの場所だった。
そして、その男性とは信輝の長く会っていなかった親友であり、
カップルのうちの女性が矢代優美だったのだ。
「……本当は今日が結婚式だったんですよね」
「ええ、もしかして、出席のために?」
今度は信輝が頷く。
そう、長く離れていた親友が結婚すると聞き、
信輝は無理をして今日という日に休暇をとっていたのだ。
その祝うべき日がまさか弔いの日になるなどとは……。
初めて会った優美を見た信輝は、その儚げな美しさに目を奪われる。
「そう、あなたが山波さんでしたの」
優美は、夫となる者から詳しく信輝の話を聞いており、
初めて会ったようには感じられないという。
そして微笑むその姿は寄る辺を失った悲しみに満ちていた。
一人では生きていられない。
(「この人を、僕が守っていくのは、親友への裏切りだろうか?」)
そして、友への罪悪感を背負った信輝と、
喪失感を胸に抱えた優美の悲しい交流が始まった。
 
あかね色に染まり始めた運動場を
藤崎・志穂(高校生運命予報士・bn0020)は
じっと教室の窓から眺めていた。
その背後には、すでに集まった能力者達が志穂の背をじっと眺めていた。
志穂の背には悲しみが溢れ、容易に声をかける事など出来なかった。
「……悲しい話を聞いてください。不幸な男女の話です」
志穂は顔を外に向けたままだった。
 
一体のリビングデッドが、ある町に現れたという。
皆に表情を見せないまま、志穂が語り始めた。
「ある町で事故が起こり、カップルのうち男性は死亡。
女性は助かりました。いえ、言葉が正確ではないですね。
女性は事故の時に頭を打って死亡していますが、
リビングデッドになってしまったために、生きているように見えます」
女の名前は矢代優美という。
優美は死んだ自覚は無いものの、
違和感を感じつつも夫と暮らすはずだった新居で一人で暮らしているという。
「その優美さんが出会ったのが、
夫となるべき人の親友である山波信輝さんです。
二人は週末の土曜日の夕方から、
優美さんの暮らす新居で毎週会っています」
信輝は罪悪感と共に守りたいという思いから、
優美は失った寄る辺を信輝に求め、喪失感を埋めているという。
「……きっかけは、出会ったその日に、
怪我をした信輝さんの血を舐めたことから、
優美さんは彼の血肉が自分に必要だと知ってしまった。
信輝さんは疑問を抱きながらも優美さんに
求められるままに血を与えていますが、
まもなく、優美さんは自制を失い、彼を殺すという不幸にたどり着くでしょう。
その前に何としても優美さんを倒してください」
窓の外に顔を向けたまま、志穂の肩がうなだれる。
言葉を続けようとしない志穂。その背が震えていた。
 
重い口を志穂が開き、
「新居の位置は分かってはいませんが、
信輝さんが使う駅は判明しています。
住宅街の一角に新居はあるようですが、信輝さんを尾行するなどして、
場所を突き止める必要があります」
信輝が駅に現れるのは土曜の夕方。
そこから優美への家へのルートは判明していない。
そして、その新居は人の住む住宅街の一角にあるという。
「信輝さんの容姿の特徴は分かっていますが、
本人であるという確認が必要です。似た人を追いかけて、
優美さんに出会えなかったとなれば大変なことになりますから」
恐らく、やり直しはきかないだろう。
この週末を逃せば、優美は信輝を殺すかもしれなかった。
「優美さんの家には、猫のリビングデッドが三匹住み着いています。
戦いとなれば、このリビングデッドの猫も戦いに加わるでしょう。
そして、優美さんは、皆さんの対応によっては新居の中を逃げ回ります。
夫となる筈だった男性の経済力から考えて、
結構大きな家だと思われますので注意してください」
志穂が横顔を僅かに見せて、視線を送る先には一枚のメモがあった。
それを取り、広げた能力者の一人は、
志穂の語った情報が全て書かれていることを確認した。
 
再び外へと顔を向けた志穂が、
「優美さんは動きが能力者以上に素早く、
新居にあった包丁などを持っています。
逃げる優美さんを補足して倒すのは苦労するでしょう」
ただ、優美も、猫も特殊な攻撃はしてこないという。
「生者と死者が一緒に居続けることは、いつかは破綻し不幸を生みます。
悲しいことですが、優美さんをこのままにしておくわけにはいきません。
必ず倒してあげてください」
それで全てだと、志穂が背中で皆に告げる。
教室に一人残される志穂。
「なぜ、私はこんな悲しい話をしなければならないの?
そして、悲しい風景を……」
この世界に悲劇などなければ良いのに。
悲しみなど全て消え去って欲しい。
涙を一滴落とした志穂。
しかし、悲しみに手を差し伸べるのが、
自分達こそが悲しみの救い手なのだと志穂は
自らに言い聞かせるのだった。

<プレイング>

http://t-walker.jp/sr/adventure/rp.cgi?sceid=3580


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ※これはPBW、
  学園伝綺RPG【SilverRain(シルバーレイン)】
  のゲーム内の桜月・雛乃が参加した
  河井晋助マスターさまの作品です 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PR

【第四十二夜】聡明・大人びた優しい少年

大きな戦いが終わり新たな仲間も増え
まだ解決にはなってない事に不安が無い訳じゃない
でも一時の休息は大切

そんな中一人の少年が結社の扉を叩く

『初めまして、皇・羅蟻と言います。
ここを覗いたらすごく看板がキレイで…

ボクもここでお話したいなって思ったんだ。
よかったら入団させてください。宜しくお願いします。』

その大きな瞳は何処までも澄んでいて
何かを見極める力強ささえ感じた

『羅蟻くん・・入団してくれてどうもありがとなの・・(ふかぶか)
 ・・羅蟻くんのお時間の許す限り・・・たくさんたくさんお話しよ・・です・・
 ・・(こくん)・・・くらんべりぃ絵師さまの看板
 ・・・絵師さまの看板にもなってて・・・ひなもとってもお気に入りなの・・・』

看板の話をしながら少年羅蟻を招き入れる

『初めまして。皇・羅蟻だよ。ラギって呼んでいいよ。皆宜しくね。
 団長さんの事は「さん」付けじゃないなと悪いような気がするんだけど… 
 呼び捨ての方がいいの?』

そんな風に話す羅蟻に雛乃は驚く
自分自身団長という事をあまり意識してなかったからだ

『・・・・ひなは・・・団長さんって言うより
 ・・・イチバン最初にここを見つけたから・・・その代表なの・・(困惑)
 ・・羅蟻くんの呼びやすい感じで・・・良いの・・』

戸惑いつつもそう答えた
羅蟻との話に気づいた団員たちがひな達に駆け寄る

『コトノハへようこそ、柊小雪と申します。よろしくお願いします。』

『はじめまして。レナですぅ。これからよろしくお願いしますですぅ。』

『宮神・黎、よろしく。』

『はじめまして。カイだ。宜しく。』

『初めまして。友好から来ている境鷹男だ。よろしくー。』

『初めまして、羽咲久遠と申しますvv
 羅蟻君、どうぞ仲良くしてくださいませ。』

『やぁ、僕の名前は鷹森双葵。フリーのゾンビハンターさ!よろしく~。』

『はじめまして、俺の名は逆崎鎗弦だ。これから宜しく頼む。』

次々に交わす挨拶に

『わぁ、皆さん挨拶してくれてありがとう。これから宜しくね。』

『遅くなってごめんなー、わいの名前は御城・端紀や。今からよろしゅうなー』

『うあ、随分と挨拶が遅くなってしまった……。
 初めまして、朱里夜詠という。宜しく頼むよ。』

『友好から時折現れる、大神・神威です。以後お見知りおきを(ぺこり)』

遅れてやってきた端紀や夜詠そして遊びに来てた神威も挨拶を交わす

『・・・・ご挨拶ばっかりですっかりひなの方で・・歓迎のお祝いも出来なくて
 ・・・ごめんなさいなの・・』

雛乃はそう言い
慌ててモンブランやカボチャのタルト等のケーキを皿にのせ
飲み物の準備をする

『ううん、大丈夫だよひなちゃん。気にしないで。あ、ボクも手伝うよ』

ニッコリ微笑みながら羅蟻は雛乃の隣で一緒に準備をしてくれた

優しい風がその空間を温かいものにさせた

【第四十一夜】《サポート依頼》因白うさぎ ~七つのお祝い~


<オープニング>

「そう言えば、うさぎの誕生日が近かったな」
「…………」
 因白うさぎは答えない。
「どうした。そう言う日は家に帰って、家族とお誕生会とかするもんだろ」
「…………」
 因白うさぎは答えない。
「……もしかして、しないのか?」
 因白うさぎは答えない。
 答えずに、ほんの小さく、俯いた。
 
 因白うさぎ。今年の8月15日で、やっと7歳になる女の子だ。
 彼女は、あまり多くの人とコミュニケーションを
 取らずに過ごしてきた子でね。
 だからか、彼女は「友達」や「仲間」と言う感覚をあまり知らないんだ。
 そして、誕生日を祝われると言う感覚もね。
 だが今は、君達がいる。
 君達のお陰で、うさぎ君は少しずつだが周囲に心を開き始めている。
 そんな君達にお願いだ。
 どうか、彼女の誕生日を祝ってやってはくれまいか。

 近くにある公共施設に和室を借りてある。
 時間は昼間から夕方まで。飲食は自由。
 あまり広くはないが、静かに過ごすにはいい場所だ。
 だが、部屋を借りただけで他の物を何も用意していないから、
 座布団以外は君達の持ち寄りに頼る事になる。
 いいアイデアを期待しているよ。
 あ、そうそう。
 彼女にはお誕生会のことは伏せてある。
 ちょっとしたサプライズのつもりでね。
 当日この場所に来てもらうように言ってあるんだ。
 その後の事はよろしく頼むよ。

 あの子の誕生日を、是非良いものにしてやってくれ。
 それじゃあ、頼んだよ。


<プレイング>

http://t-walker.jp/sr/adventure/rp.cgi?sceid=3174


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ※これはPBW、
  学園伝綺RPG【SilverRain(シルバーレイン)】
  のゲーム内の桜月・雛乃が参加した
  空白革命マスターさまの作品です 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【第四十夜】洗練・伝承なる導き


夏も本番。

日々厳しき暑さに
雛乃自身少し体調が思わしくなく
それでも夏の思い出として計画をした
結社のみんなとの山登りを楽しみにしてるようだ
そんな中が現れる

『はじめまして。柊小雪、と申します。
 『言葉』の意味をもっと深く考えたく、入団届けを出させて頂きました。
若輩者故に至らない部分もあるかと思いますが、ご一考下さい。
よろしくお願いします。』

少女小雪は中学生とは思えない程の丁寧な話し方をした

『小雪お姉ちゃん・・入団してくれてありがとございます・・(ふかぶか)
・・受理の手続きが遅くなってしまい申し訳ありませんなの・・(困惑)(ふかぶか)
・・コトバはね・・・ひなもいつもお勉強・・コトバ一つ一つに色んな意味があるから
・・その方の捕らえ方で色々変化なの
・・・それを・・一緒に見つけられたら・・・嬉しいです
・・よろしくお願いします・・(ふかぶか)』

と少し戸惑いながらも小雪に答えた

『銀誓館には来たばかりで不慣れな点も見受けられると思いますが、
宜しくお願いします。
 体調不良と伺いましたが、お体の方は大丈夫ですか? 
無理はしないようにして下さいね。』

小雪は気遣いながら声を掛けた
そんな小雪に雛乃は恐縮しながらも

『・・心配してくれてありがとなの・・・
まだ・・ちょっぴり・・不安定だけど・・何とか大丈夫なの・・・
・・・ぁ・・・それからね・・ひなのことは・・ひなって呼んで頂けると嬉しいです
山にも一緒に・・行こ・・・なの・・』

近く行く予定の山へ誘った

『小雪ちゃん、ですね。初めまして、久遠と申します。どうぞよしなに…♪
たくさん、お喋りしましょうね。』

『初めまして、カイだ。これから宜しく。』

『初めましてっ!俺、龍焔ってゆーんだ。どぞ、よろしくなっ?』

『宮神・・・黎、よろしく。』

そんな声を駆けつけ
久遠・カイ・龍焔・黎が挨拶をしながら駆け寄る

『手続きの件はお気になさらずに。体調悪かったんじゃしょうがないですよ。
えーと、呼び方は雛さん、でいいですかね?
久遠さん、カイさん、龍焔さん。宮神さんもよろしくお願いします。』

一人一人挨拶を交わす小雪

『どうも鷹森双葵です。コンゴトモ宜しくな~。』

『初めまして、朱里夜詠という。宜しく頼む。』

『初めまして。友好から来ている境・鷹男だ。よろしくー。』

『はじめまして☆レナですぅ。これから宜しくですぅ。(ぺこ)』

その声に駆けつけてきた
双葵・夜詠・レナ・友好から鷹男も声をかける
小雪もそんなみんなに

『鷹森さん、朱里さん、境さん、レナさん宜しくお願いしますー。』

と返事をする

『遅れてしまいましたがはじめまして、リース・メイナードといいます。
リースと呼んでくださいね(微笑)』

『はじめまして、俺の名は逆崎鎗弦だ。遅くなったがこれから宜しく頼む。』

遅れてきたリース・鎗弦も小雪に挨拶をする

出逢いは一つの勇気から
自分の一歩・・・誰かの一歩
近づき・歩み寄りで・・こうして絆が増えてゆく

雛乃は小雪に挨拶してるみんなを
まるで遠くを見つめるように見つめながら
今これが現実である事を実感し
大切にしたい思うのだった

【第三十九夜】《サポート依頼》次へと紡ぐ夢の後


<オープニング>

楽しかった、銀誓館学園の学園祭も無事に終了を迎える事ができた。
総参加者が1000人を超えたため、
候補者を確認するだけで大仕事になった、銀誓館水着コンテスト。
更に、当日まで謎のベールに包まれていた
バトルロワイアルで繰り広げられた激闘に次ぐ激闘は、
その殊勲者とともに語り継がれるかもしれない。
そして何よりの思い出は、
結社の仲間達とともに作った結社企画だったろう。

心地良い疲れと達成感を得た学生達だったが、
若い彼らにはまだまだやるべき事があった。
そう、学園祭の打ち上げが残っていたのだ。

学園祭終了後のお楽しみ、
結社ごとに行なわれる打ち上げパーティーを、存分に楽しみましょう。
グラウンドのあちこちには、
結社企画で使われた特設ステージが残されています。
舞台セットの取り壊しは、学校が休みとなる明日、
17日に業者さんによって行われます。
だから、今夜はまだ、こうして結社企画の打ち上げに利用する事が出来るのです。
今、このステージは、打ち上げをする学生達の独壇場。
次々と、宴会芸やパフォーマンスが披露されています。
来賓のお客さんはいないけれど、それは大きな問題ではありません。
結社の仲間達と一緒に、ステージで盛り上がりましょう!


<プレイング>

http://t-walker.jp/sr/adventure/rp.cgi?sceid=2817

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ※これはPBW、
  学園伝綺RPG【SilverRain(シルバーレイン)】
  のゲーム内の桜月・雛乃が参加した
  河井晋助マスターさまの作品です 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

前のページ HOME 次のページ

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
桜月・雛乃
年齢:
20
性別:
女性
誕生日:
1997/02/02
職業:
フリッカースペード
趣味:
詩(歌)を考える事
自己紹介:
【カテゴリー説明】

☆綴り語り
 ⇒出逢い・経験した物語を綴る場所

☆詩
 ⇒自分のお気に入りの詩紹介・もしくは想う事を詩に書き記した場所

☆イラスト絵日記
 ⇒完成したイラストを雛乃が日記で紹介する場所

☆雛乃日記
 ⇒雛乃の呟き場所

☆影さん事情
 ⇒PLの呟き場所

【呼び方】

☆下級生・同級生
⇒《女の子》名前+ちゃん
  《男の子》名前+くん

☆上級生
⇒《女の子》名前+お姉ちゃん
 《男の子》名前+お兄ちゃん


※メッセ登録の際は、
 お手紙にてご連絡下さい
【hina-usa@hotmail.co.jp】

最新コメント

[10/03 おっちゃん]
[04/19 雛乃]
[04/17 綾女]
[10/21 雛乃]
[10/20 小雪]

お天気情報

忍者ブログ [PR]
Template by repe