忍者ブログ

コトノハの調べ

ここはPBW、学園伝綺RPG【SilverRain(シルバーレイン)】世界に居る桜月・雛乃のブログサイトです。 主に活用される【綴り語り】は 、雛乃が出逢った人 場所がそのまま反映されます。 特にその事に関しての告知をしませんが、もし、その内容に不快を感じるならすぐ削除させて頂きます。 ですが出来るなら、どうか寛大なご理解と共にお許し頂けるととても嬉しく思います。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雛乃の感情傾向


・・先日感情の整理をさせて頂きました・・
といってもあまり変わりません・・・(困惑)

難しいです・・・
深層に行ってしまわれたみなさま申し訳ありません・・ですが
雛乃の想いは変わらず胸の内に・・閉まってあります。。


雛乃もこの4月で小学生を卒業。
中学生になります。

この数年、
色んな方と出逢い
色んなキモチを知りました。

そして今はそのキモチの意味するものが何なのか
それに自ら近づこうとしています。


今回は雛乃の今現在の感情傾向についてお話したいと思います・・

雛乃は基本的に感情を活性しません・・

それは雛乃の過去により
無意識に他人との距離を置いてしまう傾向にあるからです。


***************************************************************

-記号の見方- ☆=異性・★=同姓・※=性別関係なし


『基本感情』

☆気になる存在【年齢関係なし】・★嫌いではない【年齢関係なし】
  ⇒結社団員感情。もしくは所属結社・友好結社等で何度かコトバを交わしている
    後は黙示録仕様で抱きます

※冒険仲間【年齢関係なし】
  ⇒依頼やリアルタイムイベント等期間限定で知り合った存在



『初級感情』

☆信頼【年齢制限なし】・★好意【年齢関係なし】
  ⇒雛乃から声をかけられる存在

※感謝【年齢関係なし】
  ⇒言葉を交わすだけでなく、手紙のやり取り等何かで雛乃が救われたと感じた存在



『中級感情』

☆憧れ【同じ・年上】
  ⇒[信頼]以上に兄のように慕い、時に甘えたくなる存在

★好き・大好き【同じ・年下】
  ⇒[好意]以上に親しみを感じる存在。好き・大好きは比重を表す

★親愛【同じ・年上】
  ⇒[好き・大好き]以上に友だち以上。もしくは姉のように慕い、大切にしたい存在

※守護【年下】
  ⇒[信頼・好き・大好き]以上に妹や弟のように慕い、自分が護りたいと願う存在



『上級感情』

☆心の拠り所【同じ、年上】
  ⇒[憧れ]以上に頼れる存在。もしくは兄のように慕っている。唯一の心の支え

★尊敬【年上】
   ⇒[親愛]以上に姉のように慕っている。唯一の心の支え

★パートナー【同じ】
   ⇒[親愛]以上に気兼ねなく何でも話せる憧れにも似た存在

※愛情【年下】
   ⇒[守護]以上に妹や弟のように慕っている。愛しい存在



《スペシャル》

〇固い絆
   ⇒唯一の自分の存在。雛乃のみの感情

〇親友・義兄妹・義姉弟・義姉妹
  ⇒相手が雛乃を想い。雛乃も相手をそう感じた存在

〇守られている
  ⇒相手が雛乃に[守護]を抱いてて雛乃もその想いに気づいた時



《シークレット》

〇秘めた恋心
  ⇒今まで感じた事のない想い。その想いが何か解からずにいる。唯一気になる存在

〇片思い
  ⇒[秘めた恋心]が何かを気づいた時。それ以上に唯一気になる存在

〇友達以上恋人未満
  ⇒お互いが[片思い]の感情を抱いてる時
 
 
***************************************************************


ご紹介した感情以外に抱いているものはその言葉通りになります。

・・・特に
ご紹介した《シークレット》に関しては
雛乃自身抱ける感情なのか・・謎です・・(困惑)

・・・・もし
抱いていたとしてもきっと深層に閉まって・・
もしかしたら・・感情をずっと秘めてしまうかも知れません・・・

それ故に実らない切ない想いで終わってしまうような・・
そんな気がします・・・(困惑)



・・・・そんな雛乃でも

それでも雛乃にはシアワセになって欲しいです。。。。

PR

【天秤/hinano】


カイ・ティンタジェルお姉ちゃんの為に作りました・・・
・・・聴いて下さい・・・(ふかぶか)


***************************************************

常に選択を課せられ
どちらかを選ばなければならない

どうしていつも
1つしか選んではいけないのか

いくつかの過程が
更なる選択肢を増やしていく

悩めば悩むほど
ココロの天秤は揺れ動く

常に両立で
その中心に居るのは難しい


ふと 何処からか声がした

お前はいつも中心に居るじゃないか
何故ならお前が道を選ぶのだから

過ちに気づいたのなら やり直せば良い
信じる己の道が今の中心なのだから

***************************************************

【第四十八夜】 着眼・急ぐ事無く、怠る事無く


鯉のぼりが
空を気持ち良さそうに泳いでいる
見上げる空は青空で何て心地良いのだろう。

この空の何処かでは
今も哀しい争いが絶えず起こっているというのに・・・

雛乃が物思いにふけっていると遠慮がちに扉を叩く者が居た

『久しぶり。で、良いのだろうか。

約束通り…結社再開に伴い再び縁を結ぶべく、
届けを出させてもらった。
しばらくはのんびりとしたペースでしか出現できぬと思うが…
良ければまた、宜しく頼む。』

結社を解散してしまったあの日
再開時にはまた来よう

静かにだがその奥の優しい温かさを
雛乃はいつも感じていた

『カイお姉ちゃん・・また来てくれて嬉しいです
・・どうもありがと。。。
ん・・ゆっくりのんびり・・またたくさんお話しよ・・です
・・これからもよろしくお願いします・・(ふかぶか)

今・・結社の周りお掃除してるの・・・
一度閉じて・・また使わせて頂くまで・・お時間空いちゃったから
・・・大丈夫なら
・・お手伝いしてもらえると・・凄くうれしいです・・』

慌てて転びそうになる自分を何とか正して
カイを招き入れる

『真目だよ。これからよろしくね、カイ。
昔のメンバーが戻ってきてくれるのは、
やっぱりうれしいことなんだろうね。』

ひょっこり雛乃の脇から俊吾がカイに話しかける

『掃除の手伝いも了解だ。また宜しく頼む。
真目ははじめまして、だな。
古い縁、新しい縁、増えて残るのは
どちらも嬉しいことなのだろうと思うぞ。』

淡々と話するカイ

『はぅ、お久しぶりですぅvレナですよぅ、よろしくですねぃvv(にぱ』

『・・・ん・・縁。。。
ほんとに・・何処で結ばれるか解らないけど
・・・増えてくのは・・ほんとにシアワセです。。。』

レナがカイの方に駆け寄り挨拶をするのを見ながら
雛乃はカイの言葉に感慨深く思う

『んん…。挨拶、遅れてしまいました…です…。
えと、あやは一条綾女です…。
カイ、またよろしく…なんです(ぺこり)』

『すみません、挨拶が遅れてしまいました。
そして、お久しぶりです。
改めてリュウタ=ハザーレイストと言います。
よろしくお願いしますね。』

次々と人の輪が出来る

『魅月も一条もリュウタも、また宜しくな。
赤い糸ではないだろうが、
何かの糸のようなものはあるのだろうな。』

それはまさに雛乃が想う事

一度出来た絆は
何があってもすぐに切れる事はない
・・・例え
すぐに逢えなくとも

だから急ぐ事もない
だからと言って待っているばかりじゃ何も始まらない

前に進めば良いんだ・・・

【空色/岡崎律子さま】



長い長い坂道の途中でつまずいて
痛い なにかが切れて もう歩けない


つま先立ちみたいな日々でも いつかきっと
つよくなりたいと見上げる空は高く


よろこびもかなしみも ふいに私を試す
もう幾度 超えただろう
ひとり泣きあかした夜明け



小さな決心をくり返し 歩いていくの
はらはらと雪の舞う道も 春には花


傷つけあう日があるけど でも平気
ほんとうは誰もがやさしくて 求めあってる


かなしくてかなしくて 心ちぎれそうな夜
それでもなお信じてみる
細い希望つないで


こらえてもこらえても 落ちる涙ならいいの
雨が降る 激しく降る
すべてを流してく


生きるのは苦しいの 同じくらい素敵なの
今を越えて ここを超えて
また笑ってみせて


よろこびもかなしみも その手に抱きしめていける

































続きはあまりお奨めしません・・

雛乃とは全く関係ない影さんの展開
それが雛乃に侵食してる状態です・・

【虹色キャンパス/hinano】



真目・俊吾お兄ちゃんの為に作りました・・・
・・・聴いて下さい・・・(ふかぶか)


***************************************************


何度と無く筆を執っては 筆を置き
躊躇い 迷い 悩み 
まだ始まる事の無い真っ白なキャンパス


そこに描かれる世界は
一体どんなものなんだろう


自分はどんな世界に降り立つのだろう


誰かと出逢い 温もりを知り
誰かと離れ 淋しさを知り
何かを失い 哀しみを知り
立ち向かう 怒りを知る


色んな彩り(想い)描かれたキャンパスは
最後に残った色(キモチ)は何だろう


それはキラキラ光る虹色(ココロ)のキャンパス


・・・そう
そこに描かれていたのは
スカイブルーに映える虹の懸け橋


***************************************************

次のページ

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
桜月・雛乃
年齢:
20
性別:
女性
誕生日:
1997/02/02
職業:
フリッカースペード
趣味:
詩(歌)を考える事
自己紹介:
【カテゴリー説明】

☆綴り語り
 ⇒出逢い・経験した物語を綴る場所

☆詩
 ⇒自分のお気に入りの詩紹介・もしくは想う事を詩に書き記した場所

☆イラスト絵日記
 ⇒完成したイラストを雛乃が日記で紹介する場所

☆雛乃日記
 ⇒雛乃の呟き場所

☆影さん事情
 ⇒PLの呟き場所

【呼び方】

☆下級生・同級生
⇒《女の子》名前+ちゃん
  《男の子》名前+くん

☆上級生
⇒《女の子》名前+お姉ちゃん
 《男の子》名前+お兄ちゃん


※メッセ登録の際は、
 お手紙にてご連絡下さい
【hina-usa@hotmail.co.jp】

最新コメント

[10/03 おっちゃん]
[04/19 雛乃]
[04/17 綾女]
[10/21 雛乃]
[10/20 小雪]

お天気情報

忍者ブログ [PR]
Template by repe