忍者ブログ

コトノハの調べ

ここはPBW、学園伝綺RPG【SilverRain(シルバーレイン)】世界に居る桜月・雛乃のブログサイトです。 主に活用される【綴り語り】は 、雛乃が出逢った人 場所がそのまま反映されます。 特にその事に関しての告知をしませんが、もし、その内容に不快を感じるならすぐ削除させて頂きます。 ですが出来るなら、どうか寛大なご理解と共にお許し頂けるととても嬉しく思います。

[74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【第二十六夜 《依頼》ずっと一緒に……】


<オープニング>

ユウちゃんは、いつもお兄ちゃんと一緒なのね。
 近所のおばさん達は、そう言って笑顔を向けてくれていた。
 小さな頃から、いつもそうだった。
 お兄ちゃんは自分の心配より、私の心配ばかり。
 ……お兄ちゃん、もう本当の事を言って?
 なにが……お兄ちゃんを変えたの?

 ユウカの兄、シンイチが変わったのはここ数週間のことだった。
 彼女には遠い実家に他に3人の兄弟達が居るが、
 特にこの3つ離れた兄がユウカの面倒をよく見てくれていた。
 大学に初めて行く時も見送ってくれたし、
 ユウカに彼氏が出来た時だってとても気に入ってくれていた。
 ……そりゃあ、少し行きすぎた所はあったかもしれない。
 ユウカと一緒に住み、どこに行くのか何時に戻るのか、
 干渉して来る事はあった。
「お兄ちゃん、もう子供じゃないのよ」
「ユウカが困らないように、俺がやっておいてあげる」
 ユウカの為に、ユウカ……。
 3週間前に兄がバイクが事故をしたと聞いて……それからだ。
 兄は何ともないと言っていたが、
 体に付いた痣はとても何ともなかったとは思えず……
 何度も病院に行くように言ったが、きかなかった。
 それ以来だ。
「ユウカ、夕方には戻りなさい」
「ユウカ……大学は今日は休んだ方がいいんじゃないか」
 最初は外出時間を制限された。
 それから、メールや電話を遮断された。
 兄が……変わっていく。
「ユウカは可愛いから、誰に嫌がらせをされるかわからない」
「ユウカはここに居なさい。誰かが来ても、出ては駄目だ」
 ……私は、兄のお人形。
 一日中家に閉じこもったまま出なくなった兄は、
 私の行動まで監視するようになった。
 どこかから猫を連れてきたのか、
 猫が数匹出入りするようになっている。
 猫は時折、外出した私を遠くから見ている。
 兄が見張っているのだ……。
 兄は、愛おしそうに私の腕を撫でた。
「俺の大切なユウカ……」
 ……私は知っている。
 兄が私の指を切って落とした、血の雫を……
 兄はこっそり、舐めているのだ。
 闇に閉ざされた台所を、そうっと覗く。
 私の血を舐める兄の姿は……とても正気とは思えなかった。
 いつだったか幼い頃、
 転んで怪我をした私を背負って家まで帰ってお兄ちゃん……。
「お兄ちゃん、アルバイトに行ってくるから。
 ……すぐに戻るから、これで我慢して。私はいつでも側に居るよ」
 小瓶に血を一滴入れると、
 ユウカは兄を残して……アパートの扉を閉じた。

 いつも優しい笑顔で迎える、運命予報士の藤崎・志穂。
 しかし、今日はいつもより少し笑顔に陰りがある気がした。
「ヒトのリビングデッドが一体……お相手をお願いします。
 彼の側には妹が居り、非常に危険な状態にあります」
 シンイチとユウカという、兄妹。
 兄妹はアパートに住んでおり、
 現在妹は大学に行かずにアルバイトをして生計をたてている。
 リビングデッド化した兄は部屋に閉じこもり、
 妹の帰宅や電話なども監視しており、
 アルバイト以外の時間帯を拘束していた。
「今は妹の血で我慢していますが、いずれ手にかける事になるでしょう。
 側には彼が殺したと思われる猫が2匹、付きまとっています。
 いずれも、こちらを妨害して来るでしょうから注意が必要です」
 猫は双方爪に毒性を持っており、注意を必要とする。
 また、兄の攻撃は思いの他素早く、爪を鋭く伸ばして攻撃するという。
 妹は昼間4時間ほどの間はアルバイトに向かうが、
 その間兄が出てくる事はない。
 誰かが訪れても、あまり扉を開く事はないようだ。
「もし妹や猫に邪魔されれば、逃走されるかもしれません。
 そのあたりは、十分に気をつけてください」
 彼らとどうやって接触するか、どうやって倒すのか、
 よく作戦を練ってほしいと藤崎は告げた。
 そっと、手を胸にやって藤崎が目を閉じる。
「きっと、そのお兄さんはとても大切な人なんですね……
 妹さんは、彼の事を心配しているだけなんです」
 まさか、彼が既に死しているとは思わない。
 だけど、彼の心は既に……ヒトのものではないのだ。



<プレイング>

http://t-walker.jp/sr/adventure/rp.cgi?sceid=1680



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ※これはPBW、
  学園伝綺RPG【SilverRain(シルバーレイン)】
  のゲーム内の桜月・雛乃が参加した
  立川司郎マスターさまの作品です 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

3/31 雛乃日記 《今回の依頼そして明日への戦い》 HOME 3/28 雛乃日記

カウンター

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
桜月・雛乃
年齢:
20
性別:
女性
誕生日:
1997/02/02
職業:
フリッカースペード
趣味:
詩(歌)を考える事
自己紹介:
【カテゴリー説明】

☆綴り語り
 ⇒出逢い・経験した物語を綴る場所

☆詩
 ⇒自分のお気に入りの詩紹介・もしくは想う事を詩に書き記した場所

☆イラスト絵日記
 ⇒完成したイラストを雛乃が日記で紹介する場所

☆雛乃日記
 ⇒雛乃の呟き場所

☆影さん事情
 ⇒PLの呟き場所

【呼び方】

☆下級生・同級生
⇒《女の子》名前+ちゃん
  《男の子》名前+くん

☆上級生
⇒《女の子》名前+お姉ちゃん
 《男の子》名前+お兄ちゃん


※メッセ登録の際は、
 お手紙にてご連絡下さい
【hina-usa@hotmail.co.jp】

最新コメント

[10/03 おっちゃん]
[04/19 雛乃]
[04/17 綾女]
[10/21 雛乃]
[10/20 小雪]

お天気情報

忍者ブログ [PR]
Template by repe